クレジットカード徹底比較特集

クレジットカードの所持枚数は、何枚がベストか?

クレジットカードの発行枚数は、特に制限が設けられていない。発行するとお得な特典が付いてくることが多いので、財布の中に使わないのにクレジットカードが入っている人も多いのではないだろうか。

何枚くらい持つのがベストなのだろうか。これは各個人によってまったく違ってくると思う。さまざまなアンケートを確認してみると、3枚前後と答える人が多い。そして日本人の平均所持枚数も3枚前後となる。

効率よくポイントを貯めるのであれば、当然メインカードは1枚に集中した方が効率的だ。メインカードを1枚持って、あとはサブカードを何枚持つかになる。サブカードの枚数はその人次第ということになってくる。もちろんメインカード1枚でも事足りるようであれば、まったく問題はない。

例えば、ある特定のスーパーやショッピングモールを頻繁に使う方は、特定の日に割引率が高くなることがあるので、サブカードを使った方がお得になるかもしれない。ネットショッピングを頻繁にされる方も、ネットでは楽天カードやリクルートカードを使い、オフラインでは別のカードと使い分けると得になるケースがある。

家族で持つ場合

夫婦や家族でクレジットカードを所有する場合、家族会員制度が使える。家族会員制度の大きなメリットは、年会費だ。家族会員の年会費はカード会社によって異なるものの、年会費は本人会員の半額ほどの場合が多い。ゴールドカードやプラチナカードといった年会費の高いカードを持つ家庭は、メインカードは家族会員制度を使うとよい。そして二枚目以降のサブカードは、ポイントや特典を見て、夫婦別々で持つのもよいだろう。

もはや海外旅行で必須アイテム

海外旅行をされる方は、サブカードを持っていても損はないだろう。ある店舗でメインカードが使用できなかった場合、サブカードが助けになる。VISAなどの国際ブランドは世界各国で使えるが、JCBなどの日本発祥のブランドは、人気のハワイ、グアムでは使える店が多い。安心して使える。また海外旅行傷害保険が自動付帯されているクレジットカードもあるので、持っていると海外旅行の際はとても助かるのだ。

クレジットカードが使用できる場所とは

クレジットカードは、カード会社の加盟店であれば、どこでも使うことができる。デパートやスーパーはもちろんのこと、レストランやカフェなどの飲食店、本屋でも利用できる。

また、クレジットカードは公共料金の支払いをすることもできるから、とても便利だ。電気代、ガス代、水道代など、コンビニや郵便局での支払いでは面倒な手続きも自動で引き落としができるので、手間がかからない。公共利金をクレジットカード支払にすることで、ポイントも付いてくるのでとてもお得だ。一人暮らしの方であれば、なかなかお得に感じないかもしれないが、家族で住まれてる方にとっては人数分使用するので、合算すると相当お得になる。更に携帯電話代や、インターネットの接続料、新聞代にも支払うことができる。年金や税金、保険料もカード支払いができるし、病院でも使用できる。大きなお金を支出する際は、現金払いよりクレジットカード払いをする方がよい。

電子マネーで少額利用も!

実は電子マネーとしても使えるクレジットカードが発行されている。電子マネーの普及により、コンビニでの買い物で使う人も増えている。意外と知られていないが、クレジットカードはコンビニでも利用できる。サインフリーで使える事もあって、手間は電子マネーと大きく変わらないと思う。セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、サンクス等使えるコンビニは多い。またイオンやライフなどのスーパーでも、サインフリーの店が増えていて助かる。スターバックスカフェでも、ほとんどのお店ではサインフリーだ。

ネットショップでは、当たり前

ネットショッピングやオンラインゲームをする人にとっては、クレジットカードでの支払いは当たり前になってきている。セキュリティも年々しっかり整備していて、セキュリティコードの入力をすることで、安全にクレジットカードで支払うことが可能になっている。しかし、自分のパソコンのセキュリティ対策をすることや、自分以外のパソコンでは使用しないことなど、注意は徹底した方がよい。インターネット上でクレジットカード番号や個人情報を登録する際は、信頼できるサイトか十分確認した上で使う必要がある。

↑ページトップへ